三日月・オーガス は本作「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の主人公。 オルガには ミカ と呼ばれています。 年齢は推定で15~18歳ですが少し幼く見えますね。 それならいつ放送しますか?, 鬼滅の刃200話ネタバレ含みます。200話で冨岡さんがまた守れなかった。と言ってましたが、またというのは誰を守れなかったことでしょうか?, メジャーセカンドの後番組はラディアン2に決まりましたが、皆様は見る予定ですか・・・?てっきりメジャーの再び再放送と思ったので、あれと? その一方で、ある程度采配を任されているとはいえ機体や装備を酷使する事も多く、彼の乗るバルバトスはその都度細かな野戦換装や大規模な改修を余儀なくされた。 「(機騎士ガンダムキマリスに苦戦しているミカヅキに協力して戦うネオに対して)断る!まるでステイメンのようだ...(ステイメンの機甲馬車を思い出し)ステイメン...?機甲神の周りの鉱石を俺のエイハブメイルの錬金術で...装甲馬車を作り上げてみせる!」 クーデリアを護衛するために、月の民の末裔達で組織された傭兵部隊・鉄華団と共に旅に同行し、鉄華団の情報により最初はデブリ火山へと向かい機甲神2体を見つけるが、ふもとの湖でリベンジモンスザクトパスが現れ苦戦するが幻影騎士ガンダムRXF91の助言により撃破する。 「生きている奴は、誰も死なせない!」 1回目は答えられず問題を飛ばされてしまったりして散々でした。 ]改訂した、マクロス歴史年表によれば、1995年、『未知の時空震によって、銀河系の時間軸が複数に分岐』とあり、本作品は『「ASS-1」こと「マクロス」が地球に落下して来なかった世界での、未来の出来事』と規定されることになった。このため、新中州重工他のマクロス世界の企業名や事象名が登場することについては、今後スタッフ公式にも一種の平行世界として説明されることとなる。, 元々の企画がSFパロディーだったマクロスに比べ、スタジオぬえの本領である本格的なSFテイストの設定で、タイムトラベル、平行世界、軌道エレベータなどのSF要素が盛り込まれている。, 異世界風のメカニックコンセプトを宮武一貴が創出し、同時期の『聖戦士ダンバイン』と並んで宮武デザインの代表作となった。メカデザインは当初石津泰志が単独で手がける予定だったが、その作業が大幅に遅れたため宮武がメインとなったという裏話がある。当時宮武は『ダンバイン』に加えて『マクロス』劇場版で初監督を務める河森正治のサポートという形でメカデザインも手がけていたが、家庭の事情で自宅を離れられない状況となっており『オーガス』の作業が回ってきた事で完全なオーバーワークになっていたという。結果的にスタジオぬえの会社的な事情も考慮して宮武は『ダンバイン』をごく初期で降り、『マクロス』の作業終了後は『オーガス』に全力投入する事となる。, 宮武は本作のメカデザインにおいて、セオリーとは逆に「味方側メカを曲線的に、敵側メカを直線的に」デザインする試みを行っており、さらに番組後半には敵側にも主役メカと同クラスの変形機構や戦闘能力を持つメカ「ナイキック」を登場させている。しかしこうした試みは結果的に後述の玩具・プラモデルなどのスポンサー商品の売り上げ不振という結果を招き、さらには後述の通り、スポンサーの一社のタカトクトイスの倒産の一因ともなった。, マクロスの海外翻案版である『ROBOTECH』において、マクロスの後に『超時空騎団サザンクロス』『機甲創世記モスピーダ』がリンクされているが、本作は含まれていない。これは、製作元の違いが主な理由である。, 西暦2062年、地球は軌道エレベータの所有権を巡り、2つの陣営に分かれて争っていた。桂木桂(かつらぎ けい)の所属する自由宇宙軍(フリーダム・スペース・コープス)は最新のD兵器・時空震動弾を用いて軌道エレベータのエネルギープラント破壊作戦を敢行する。だが、相手陣営の抵抗が激しく撤退せざるを得ない状況になり、憤慨した桂は未調整のため起爆を中止して破壊命令が下った時空震動弾を独断で作動させてしまう。その結果、暴走した時空震動弾により時空は混乱し、世界は相剋界(そうこくかい)に包まれあらゆる多元世界の混じったパッチワークのような世界、「混乱時空」と化した。そして桂自身も時空転移に巻き込まれ、時空振動弾破裂の20年後、混乱時空世紀20年(西暦でいえば2082年)の世界に飛ばされてしまった。, 桂はエマーン人の隊商に拾われ行動を共にするが、混乱時空修復の鍵となる「特異点」とみなされ、各勢力の争奪戦にさらされる身となる。さらに、もう一人の特異点、オルソンはチラムのエースパイロットとして桂の前に立ちはだかる。過去と現在が複雑に絡み合う中、時空再生に向かって桂木桂はオーガスを駆る。, 桂が作動させた時空振動弾の影響で時空境界が損傷し、地球上に並行世界が複数混在するようになってしまった混乱世界。桂の所属していたかつての地球の主だった人類(チラム人)を始め、人間そっくりなエマーン人・バラゴン人・アトランタ人など様々な多次元世界の種族が存在し、それぞれの勢力圏を築いている。大陸の陥没で地形を大きく変動させた時空の混乱はなお続いており、ランダムに発生する転移現象により地域が遠く離れた別の場所と入れ替わる事件がしばしば発生する。さらに空には海抜150メートルに時空の歪みの層「相剋界」が存在している。相剋界へ航空機などが突入すると猛烈な時空干渉作用が起きて大ダメージを受けるため、上昇を阻む壁となっている。高空に抜ける手段はただ一つ、時空変換装置を伴い、軌道エレベータの内部を通るしかない。, 相剋界に覆われたことで温室効果により気温が上昇し、遠からず全ての生命が死滅する可能性が高いと予測されており、時空正常化が急務となっている。まれに相剋界がレンズとなって局地的に太陽光が集中することもあり、その場合は一帯が焼け野原になってしまう。相剋界を抜けた高空にある「大特異点」に特異点(桂とオルソン)が接触すれば時空の混乱が解消できると推測されており、各勢力はそれぞれの思惑で特異点奪取を目指す。一方で、チラムは特異点を必要とせず、再度の機械的な時空振動で修復を図る「D計画」を考案していた。, 以下に各国家の特徴を記す。メカニックの特徴については「登場メカニック」参照のこと。なお、本作に登場する機動兵器などのビークル類は「デバイス」と総称される。, 物語の始め、桂木桂とオルソンの居た世界で開発された自由宇宙軍(フリーダム・スペース・コープス)の兵器「ディメンショナル・ウェポン」。ABC兵器(核兵器、生物兵器、化学兵器)に次ぎ、通称「D兵器」と呼ばれる。効果範囲内の対象を別の時空へと吹き飛ばす次元兵器。, 当初敵国との軌道エレベータの所有権を巡り、時空震動弾を用いて軌道エレベータのエネルギープラント破壊作戦を敢行するが、元々空想上の理論でしか確立されていなかった。実戦における初の起爆であるにもかかわらず、桂木桂の手で未調整のまま作動させてしまった結果、暴走した時空震動弾は周囲の並行世界をも巻き込み、混乱時空を生み出した。, 発動時のあまりのエネルギーに、切り取られた一瞬の過去、暴走時に間近にいた桂とオルソンからもう一人の自分「発動前の人格=ドッペルゲンガー」を発現させてしまい、共に軌道エレベータの頂上の宇宙空間へ飛ばされて、本来「一人」であるはずの存在が「二人」になったために、時空が混乱した。最終回では大特異点=発動時の一瞬の過去の世界で、桂とオルソンの発動直後の人格が遭遇し「奴らを排除しなければ、どうしようもないのか」と覚悟を決めた桂とオルソンは、時空修復を果たすべく、各々もう一人の己自身へ銃を向ける。, 『オーガス02』の世界では、桂とオルソンが時空修復を何とか成功させたものの、完全ではなかったので、生き残って同じ時代に飛ばされた大尉が長い時をかけて時空震動弾を建造、再稼動させた。, 桂とオルソンの居た世界で建造された宇宙空間へと繋がっている超巨大建造物で、エレベーターを使用する事で極めて低コストで宇宙空間へと行く事が出来る。全長約8万km、高度4万kmにはスペースアイランド、途中には中継ステーションが複数ある模様。外壁には自衛用として多数のビーム砲が装備され、ミサイルを迎撃していた。物語当初、敵国との軌道エレベータの所有権を巡り、桂とオルソンの所属する自由宇宙軍(フリーダム・スペース・コープス)が時空震動弾を用いて軌道エレベータのエネルギープラント破壊作戦を敢行するが、未調整のまま起動させてしまったために頂上の宇宙空間に『大特異点』を作ってしまった。, 最終決戦時には度重なる時空転移と老朽化により中腹部分より崩壊する。最後、桂とオルソンが大特異点へ突入する際は時空変換装置に乗り込み、高度4万km以下に存在する中継ステーションから宇宙空間へ飛び出し、スペースアイランドが大特異点に衝突する直前に大特異点に突入し、時空創造を行うことが出来た。, 『オーガス02』の世界では、ムーのロボットの残党の勢力地域「テリトリー」に点在しており、あまりの兵力に近づけないでいる。生き残って同じ時代に飛ばされた大尉が崩落した中腹部分の頂上にラボを建造、時空振動弾とオーガス02を200年かけて建造しており、オーガス02でしか侵入できない。, エマーン界で開発された技術。反重力システムを発展させた物で、物体の慣性を限りなく零に近づける(物理的に近似値であり「0」そのものにはならない)ことで、わずかな力(推力)を加えるだけで、移動機械は飛躍的な移動性を確保出来る。大気圏内では空気抵抗があるため理想値とはならないが、これによりグローマの吹きさらしの発着デッキにアーム一本で艦載機を縣吊したり、慣性制御を最大値にした場合オーガスを2人で引きずって移動させることも可能だった(第5話)。また、上記技術の応用で機動時の重力加速度をかなりの程度まで軽減できる。, これらの技術は混乱世紀以降、チラムにも「商品」として提供され、イシュキックやイシュフォーンなどの第三世代ガウォーク以降の基本技術として組み込まれていく。また「ムウ」のシステムはエマーンの物と異なり、周囲の物理法則を書き換えて移動する推進技術で、従来のジェットエンジンなどの推力装置を必要としない。また加速度低減も上記慣性制御より積極的に物理法則に干渉出来るため、エマーンの技術に較べて一日の長がある。, 登場人物の名前の一部はジャバウォックの詩より採られたものである。(例 - ミムジィ・ラース、モーム、ジャビー), エマーンのデバイスは慣性を制御する機能を持っており、それにより滑空、飛行、高機動戦闘を行なう。共通する特徴として「腕」を持っている。多くの場合脚は無い。これらの腕メカはドリファンド(「ドリフト・ハンド」の略)と総称され、交易船所属機は自衛戦闘から各種作業まで幅広く使用される。なお、ドリファンドは専用のヘッドセットを操縦者が装着する事により、ある程度の思考制御が可能となっている。, 半壊した桂のブロンコIIを修理する際に、モラーバの腕を付けた戦闘ドリファンド。あり合わせで作られたメカだが、人型メカの存在しない混乱時空においては多大な戦力となり、その戦闘能力を高く評価したエマーンにより、後にオーガスIIとして量産されることになった。, 両腕前腕部にはモラーバから継承した連装のグレネードガンが装備されている。ミサイルガンはモラーバとは異なり、右腕に固定装備するタイプでオーガロイド時の射界が広い。ガウォーク形態では右足にセットされる。加えて左右主翼にブロンコIIから引き継いだ形で、ミサイルを計12発装備することが可能。耐久力も高く、容易に爆散するイシュキックや他のドリファンドとは対照的に、ミサイルの至近爆発を受けても容易に損傷しない[9]。またタンク形態ではムーのロボット兵を体当たりで蹴散らし、次々と爆散させた中で平然と動いている描写がある(第34話)。, グローマ内での命名会議で「ギャモン」と最後まで競り合った後、ジャビーの世界の言葉で「戦いの神」を意味する「オーガス」と名付けられた。なお、この命名会議の中で、番組の企画初期タイトルである「ネビュラード」が桂の思いついた名称案として登場していた。桂木桂の機体のカラーリングは白地にワンポイントとして赤が入る。関節部は茶色。, エマーンの標準的なドリファンド。一人乗りで腹ばいになって搭乗する。「モラーバー」とも呼称される。 所属がCGSである段階から農場の手伝いをしていた彼は、「将来農場の経営をしたい」という極めて真っ当な夢を持っていた。 すげえよミカは 何これ? 「新たに目覚めし力よ!四体の機甲神を浄化せしめよ!」 「我らの絆、鉄より固く、血よりも濃し!」 バルバトスと接続されていない状態では一人で立つこともままならず、食事や移動に他人の介助を要する身体となるが、それでもオルガの為に自らを犠牲にする覚悟は鈍る事はなく、戦い続ける決意を見せた(自身が半身不随となって以降は、自身を運ぶ足変わりとしてハッシュと行動を共にすることが増える。) もっとも、前述した対ハシュマル戦においては、「オルガの言う通り後方に控えていたら、みんなを守れなくなる」といった具合に、オルガの作戦に異議を唱える場面も見られている。 自分に関係のない人間の生死には非常に淡白だが、仲間、特にオルガやアトラ・ミクスタなどの自分に近しい人間が傷付けられると仲間相手でも激昂し、傷付けた相手に強い殺意を向ける。 しかし、三日月自身に内面での動揺や葛藤が全く無いわけではなく、行動目的の決定をオルガ等の他者に依存しているなど、どちらかといえば「悩まない」のではなく「悩む事自体を放棄している」ように見える面があり(クダルに「人殺しを楽しんでる」と言われた際には一瞬動揺しているがすぐにその事について深く考える事をやめている)、そういったスタンスに起因する幾つもの矛盾や危うさを抱えており、決して成長し終えているのではなく、「悩む」事を別角度から描いたキャラクターである。 「ねぇ、次はどうすればいい?オルガ」 そんなに早く終了すると悲しいです( ; ; ). 「機甲神エルガイヤー......ネオガンダムか......!」 そして最後の機甲神ギガンティスが眠るというエドモントン国の機兵の谷へ向かったが、鎧闘神戦記に暗黒卿マスターガンダムがエルガイヤーを除く5体の機甲神を奪い操っていた影響がまだ残っていた機甲神ギガンティスが暗黒機甲神ダークギガンティスに変化しており4体の機甲神を仮面の騎士が操りミカヅキ達を苦戦させるが、クーデリアがバルバトスに説得しネオに力を貸すミカヅキ、その時サンボーンから託されたパーツの力によって機甲神ギガンティスは、浄化され5体の機甲神が味方になって奇甲神デルガイヤーから変化した奇甲神オービターミリオンを撃退する。 CV:河西健吾/諏訪彩花(幼少期), 火星の民間警備会社「クリュセ・ガード・セキュリティ(CGS)」の参番組に所属する少年兵にして本作の主人公。 その一方で、就学経験がなく文字の読み書きや世界情勢などの知識、論理的な思考力や戦略・戦術立案力に乏しいという短所を持っており、これらに関しては行動の決定権をオルガに強く依存することで対処している。後に農園を経営すると言う夢の実現とバルバトスの整備マニュアルを読む為にクーデリアから字の読み書きを習う事となる。, 一期前半でアトラに貰ったブレスレットを見せての「これがあるから」には「面倒だからごまかそう」というト書きがあるらしい。, リミッター解除は三日月がバルバトスに「問いかける」ことで起きているほか、大気圏突入時には三日月の問いかけにバルバトスがツインアイを点灯させて応えるような描写がある。これらが度重なる阿頼耶識の施術による機体との強いリンクによるものなのか、他者でも同じことができるのかは不明, https://gundam.wiki.cre.jp/w/index.php?title=三日月・オーガス&oldid=17743. 可変式の「腕」を有しており、作業および戦闘用に用いることができる。巡航時はおりたたむこともできる。ブーストジャックと呼ばれるブースターを装備可能で、これには追加武装として連装ミサイルパック×4、三連装ミサイルパック×2を内蔵している。, 旧地球統合軍時代より発展してきた戦闘用ガウォークは、西暦2050年代末からの統合軍分裂戦争で急成長をとげた後、2062年の時空混乱により一時的に技術体系が崩壊し、約5年間の停滞期を経験した。その間にチラム新統合政府はムーのロボット社会との対立とエマーンとの通商和平条約締結に伴う新技術の導入によって時空混乱世界に合わせた新しい兵器大系の開発に精力を注ぎ始めた。, 地球兵器の発展型であるチラム軍兵器は、「戦闘デバイス」と総称され、ブロンコII系の「脚」付き戦闘機に反重力システムを搭載したものでガウォークと呼ばれる形態を基本とし、ナイキックを除き、基本的に腕を持たない。イシュキック/イシュフォーン・シリーズは反重力システムを導入した第3世代の戦闘ガウォークで、慣性制御システムを備えた第4世代の戦闘ガウォークはムーとの決戦兵器として開発された「ナイキック」に始まる。, 反重力戦闘ガウォーク[10]。チラム軍戦闘部隊の標準的な機体である。大口径ビーム砲を機首、その下にコクピット。左右の張り出し部にミサイルランチャーを備え、その下に長い脚を生やし、外舷に推進機ポッドを備えた鳥居型のシルエットをしている。上空を閉ざされた狭い空間での運用に特化した亜音速機として設計されているため、機体形状は角張っており前面投影面積も大きく空力面の考慮は希薄。脚は蹴りや質量移動により機動性を高める他、デバイスを破砕する質量打撃兵器(鈍器)として設計されている。標準型と指揮官型があるが、基本的なレイアウトは共通。いずれも塗装は赤。作中の描写から、桂を見つけるための特異点センサーを標準装備している。, 装甲や抗堪性は脆弱でオーガスに殴られただけで簡単に破壊されてしまうが、第6話では数の差も相まって、岩山と相剋界に機動を阻まれたオーガスを苦戦させ、第14話では「無傷で捕獲ではなく、抹殺を目的として手加減なしで襲いかかるロベルト隊」の前に、オーガスは撃墜されている。, 機械生命体の戦闘国家であり混乱時空では第三勢力的な立場にあった。かつては人類が支配階級だったが、機械生命体の反乱で約百年前に絶滅している。, 個体の戦闘能力は高く、人間よりやや大きい程度の機械兵士でも戦車やデバイスをたやすく破壊する能力を備える。一方、防御力は比較的脆弱(しかし、拳銃程度の対人火器ではびくともしない)である。, OSTは本放送当時、LPレコードとして販売された。これは、後年になってCD化されている(内容に変化はない)。, 前番組『マクロス』と同じく、メインスポンサーのタカトクトイスが玩具を、イマイと有井製作所が共同でプラモデルを発売したが、いずれも売れ行きは芳しくなく、特にタカトクトイスは本作での見込みが外れたことが原因となり、経営が大きく傾いたと言われている(後番組の『超時空騎団サザンクロス』でスポンサーを外れてから、まもなく倒産した)。同時期には同じくメインスポンサーとなっていた『タイムボカンシリーズ イタダキマン』も低視聴率のために打ち切られており、本作と『銀河疾風サスライガー』の不振はそれに追い討ちをかけた格好となった。, メカニックデザイン担当の宮武一貴は「百貨店でオーガスの玩具の顔を見た子供が怖くて泣き出した」という噂を聞き、売れ行きの悪さを覚悟したという。, 1983年に小学館よりノベライズが発刊された。全2巻。この小説版は1994年にスーパークエスト文庫として新装版が発売されている。, 系列は本放送当時のもの。放送日時は個別に出典が提示されているものを除き1984年2月中旬 - 3月上旬のものとする[22]。, 『超時空世紀オーガス02』(ちょうじくうせいきオーガスツー)は『超時空世紀オーガス』の公式な続編となるOVA作品。販売開始は1993年からで全6話。, 『オーガス』最終回時点の設定から派生したスピンオフ的な続編作品。監督とストーリー原案は以前アートランドに所属していた高山文彦、キャラクターデザインは美樹本晴彦による原案を川元利浩がアニメ用にまとめる形でそれぞれ務めたが、後者はメイン以外をすべて橋本敬史が担当している[31]。, 中世を思わせる異世界を支配する二大大国、リヴリアとザーフレンは「アーマー」と呼ばれる古代兵器の発掘を巡り一触即発状態にあった。リヴリアの少年リーンは亡き親方の借金を払うため軍に入隊し、ザーフレン領内に潜入。素性の知れぬ美少女ナタルマと共に国境脱出を図る。そんな2人の前に謎のアーマー、オーガス02に乗る老人が現われる。, マンガ・エンターティメント(Manga Entertainment)社による英語版、セレクタ・ビシオン社によるスペイン語版、Polygram Video社によるイタリア語版が順次VHSビデオテープやレーザーディスクの媒体で当時発売された。, なお、マンガ・エンターティメント社版のみ、「アーマー」に当たる用語が「デシメーター」("Decimators")となっている。これは、古代ローマの軍隊で大量に殺人を実行可能な兵器を意味する語であって、原意はラテン語で『10人殺す毎に、1人を巻き添えにして殺す』ような大量殺戮兵器を意味する語である。, マーイなど第10話で生身のモズク族を撃てなかったり、第9話で桂からバズーカが欲しいと頼まれたリーグは「10分もあれば作れる」と豪語したが、逆に言えばその程度の武器も保有していなかった等、特に歩兵戦闘はからきし, リオム湾(地中海沿岸)にある未来的なビル群を、ヘンリーが「古い街並み」と言うシーンがある。, 第11話でチラム軍の目を逸らすために桂の死を偽装するダミーとして偽オーガスが仕立てられたが、こちらはあっさり破壊されている。また、第14話ではロベルト隊所属イシュキックの連装機関砲の直撃を受けて墜落した。, オーガスの外装ミサイルもそうだが、アテナ機などバンクシーンの都合で複数回斉射していることがままある。, ファイアーボールは第7話のみにしか披露されず、後の文献を含めて、その原理を語る資料は皆無である。, 第30話で「地球の外に出る研究はしないのか?」と大尉が尋ねた際、「何故、そんな必要がある」と大佐に否定されている。, 集まった大量のPC収容にグローマ1隻では足りず、リプレイではグローマを旗艦に交易船が数隻連なる大船団になってしまった描写がある。, それぞれ、ブロンコIIが揚力と噴射による通常飛行。イシュキックやログウッド等が反重力エンジン。オーガスやモラーバ、ナイキック等が慣性制御システム。, エマーン、チラム、ファンシィ、アトランタ、モズクの五カ国。ムーはNPC国家扱いで、各国の技術段階がAG(反重力=アンチグラビティ)まで発展すると脅威を感じて突如、侵攻してくる。, 『福島民報』1986年11月16日付朝刊 - 1987年7月26日付朝刊、テレビ欄。, Orguss Mecha › Mecha › Pre - Catastrophe › Enemy Fighter - GEARS Online, アルカナ・ファミリア -La storia della Arcana Famiglia-, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=超時空世紀オーガス&oldid=79205639, 手持式火器(フライトフォームでは主翼上面、ガウォークフォームでは脚部外側に装着される), ミサイル(脚部(フライトフォームでは主翼)左右(同上下)パイロンに各4発ずつ、計16発装着される, 短射程大型ビーム砲(機首の嘴状部分に設置された主砲。嘴のカバーが上下に開いて砲口が現れる。装備位置の関係上、バトルフォームでは股間部になるので使用不可能)。, 総集編ビデオ 超時空世紀オーガス メモリアル VOL.1「モームの夢」発売元:エモーション(現.バンダイビジュアル)品番:BES-115、限定版は第2話から第17話までの予告編付き。, 総集編ビデオ 超時空世紀オーガス メモリアル VOL.2「超時空アテナ」発売元:エモーション(現.バンダイビジュアル)品番:BES-116、限定版は第18話から第35話までの予告編付き。, 上記のビデオソフトとLDの音声はステレオ仕様で、本編は各話からのダイジェストシーンを再編集した物にナレーションを新録した物を使用。各々の初回生産分には各話の予告編が巻末に付属していた。. 「俺たちの故郷は、二度とお前(ジークドミヌス)の邪悪で染めさせない!」 「そしてネオ...月の民を見捨てて逃げたお前を絶対に許さん!」 昭弘がイオクを葬って先に力尽きたのちも止まらず多数のMSを撃破する。 また仲間と共に育ち孤独を感じないで育ったためか、表情豊かではなく言葉数も多くないものの、発言自体は率直で喜んで笑ったり軽口を言うシーンも見られる。老女の桜・プレッツェルをちゃん付けで呼び、自分に片思いしているアトラ・ミクスタの追及をごまかすために方便を使い、クーデリアには突然キスをするなどジゴロめいた言動もする[1]。, 「阿頼耶識システム」の施術を3回も受けた強靭な精神力の持ち主で、阿頼耶識の恩恵もあってモビルワーカーやモビルスーツの扱いは作中トップクラス。戦闘力においては別格でライバルがおらず、バルバトスのリミッターを外すことでグレイズ・アインやハシュマルを身体の一部不随と引き換えに単独で撃破した戦果を持つ[2]。加えて生身の鍛錬にも余念がないため、体格差の大きいガエリオであってもその気になれば絞殺しかねない筋力を持つ。 機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズの主人公「三日月・オーガス」についてまとめました。まだ子供の三日月。そんな三日月の魅力を詰め込んだ記事です。, 三日月・オーガスは本作「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の主人公。オルガにはミカと呼ばれています。年齢は推定で15~18歳ですが少し幼く見えますね。実は公式も年齢を公開していないので判然としません…。, 阿頼耶識システムと呼ばれるインターフェースを体内に埋め込むことで、ガンダムを直感的に操縦することが可能となっており、搭乗機「バルバトス」を自分の体のように操り戦います!, 第一話の初操縦の際もマニュアルなども見るそぶりはなく、本当に感覚と勘だけで動かしているのがわかりますね。, 川西健吾さんは今作で初主演を果たした声優さんです!「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」を皮切りに、「3月のライオン」や「カブキブ!」などでもメイン声優に抜擢されるなど新時代を担う期待の星です!, 現在マウスプロモーションに所属し、子役の頃から声優業を行ってきた川西さんの演技力は折り紙付き!三日月・オーガスのドライな、しかし時に垣間見える子供っぽさや寂しさ、人間的な暖かさといった繊細な感情を完璧に演じきります。, オルフェンズ以外の作品だと、「宇宙戦艦ヤマト2199」の吉田充、「ハイキュー!!」の矢巾秀、「アルドノア・ゼロ」の祭陽希咲や「アルスラーン戦記」のアシムなどがあげられますね。作品の完成度・深みを確かなものにする演技ができる、素晴らしい声優さんです!, ミカ、よく見るとけっこう可愛い!?ふとそんなことを思う瞬間はありませんか!?獅子奮迅の戦いを繰り広げながらも、まだ少年のあどけなさが残る三日月。「オーガ」=鬼のような凶暴さと強さを誇る彼ですが、そんな彼にいったいどんな可愛い部分があるのか、いまから一緒に見ていきましょう!, 食欲旺盛な彼。やはり育ち盛りですね!お気に入りの木の実やアトラの弁当を頬張る姿が非常にかわいいですね!特に食事の際の気が抜けたような表情はとても……とても可愛らしい!!!なによりこの全神経を食事にそそいでる感じがいいですね!, 「ものを食ってるときはね、なんというかさ、救われてなきゃだめなんだよね……」とか言い出しそうですね……!, バルバトスに乗っているときは鬼のように強い三日月、でも実は喧嘩が嫌いなのもかわいいポイント!守りたいものが危機に瀕しているときは別ですが、仲間同士のけんかはあまり好きではないようですね。作中でも鉄華団内の諍いを止めるようなシーンがありましたね。, 身長と表情に対して、大人に背伸びしたような服装、丈。本人は自覚がないでしょうが、ここもかわいいポイントの一つ。どうですか?三日月が可愛く見えてきませんか?, ぶかぶかな服を着た女の子がクッソ萌えるのは宇宙の心理ですが、ぶかぶかな服を着たミカも激萌えなんですね〜これが!!, 女の子からモテます!!!ここ重要です。可愛いは正義。それは女の子だけでなく、男にも当てはまるのです!しかも今作はアトラとクーデリアというヒロインが二人も…!?まさに両手に華の主人公、三日月・オーガス。, しかし、彼自身は、アトラもクーデリアも同じくらい大切に思っているようです。そんな三日月にアトラは「告白」の段階をブッ飛ばして「子供、つくろう!」とか考えはじめる始末!三日月も「俺と作ろっか、子供」みたいなことを言うし……これ「日曜5時」のアニメですよ!!?, 硝煙にむせる戦場に咲く、初々しい(?)ボーイ・ミーツ・ガールもまた「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の大きな見どころの一つだと思いますよ!, アニメ中盤から急接近する二人の関係!当初、三日月としては、鉄華団の仲間を守るために行動したことが、クーデリアを守ることにつながっていただけで、別段特別視していたわけではありませんでした。何より、序盤の二人の空気はピリピリしていました。, ですが、長い時間をともに過ごすことで、クーデリア自身も心を開き始めます。また、自身の進む道を定め、葛藤し、大切なものを失っても前を向くクーデリアの成長をそばで見ていたことから、三日月も彼女をともに戦う仲間と認識するようになります。, 第二期からは、アドモス商会という会社を立ち上げ独立したクーデリアと鉄華団とでは別行動が多くなりますが……。「三日月を幸せにする」と誓ったクーデリアは戦場で命を削る三日月の「還る場所」になれるのでしょうか!?, 今作の衝撃シーンはなんといってもこれ!ガンダムシリーズはヒロインと主人公に限らずキスシーンがありますが、今作のキスシーンは唐突に訪れました。二人の会話の中、クーデリアの一言、仕草に可愛いと感じた三日月が、突然のキス!!戦闘以外だとぼーっとしたり、あどけなさが残るにも関わらず、かなり「男」らしい部分もあるんですね!, しかも「可愛かったからキスした」って言っちゃうとかお前……惚れてまうわ!歴代ガンダム主人公の中でも彼はなかなかやり手な一人に入るんじゃないでしょうか?, バルバトスに搭乗し、過酷な戦闘を行うたびに体の感覚を喪っていく三日月……。まるで悪魔との契約さながらに三日月の体は蝕まれていきます。一期のラストボス「グレイズアイン」との戦闘では右目と右腕の感覚を失い、二期での「モビルアーマー・ハシュマル」(天使の名前を持つ敵というのも意味深です!)との戦いではバルバトスとの接続を限界まで引き上げついに半身の感覚をも失います……。, 「バルバトスとつながっている時は失った感覚を取り戻せる」と話す三日月ですが、それはもう彼が「ガンダム」という戦闘兵器としてしか自由に動けないことを意味します。そして彼の「農場をひらく」という夢が永遠に叶わなくなったということでもあるという……。, 「ガンダム」という「悪魔」と契約してしまった三日月・オーガスの今後は……!?ここでは彼がたどり着く結末を考察します!, 【鉄血】ガンダムバルバトス新形態は「ガンダム・バルバトスルプスレクス」という名称と判明!ジュリエッタの新型「レギンレイズ・ジュリア」も公開!https://t.co/beCdBaPNgk pic.twitter.com/WTZVTgYpUq, キマリス、フラウロス、バエル、アスタロト……と、「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」に搭乗するガンダムにはそれぞれ「ソロモン72柱」と呼ばれる悪魔の名前が付けられています。イスラエルの王ソロモンが使役したとされる72体の悪魔の一柱、バルバトスは序列8位の「公爵」の地位につく存在です。, 強力な悪魔でもありますが、元は天使で、人と人との関係を取り持ち、回復させる能力を持つともいわれるバルバトス。ちょっと優しそうですが、その一面が三日月の向かう結末に影響するのでしょうか!?三日月が失った感覚を回復できるとは思えませんが……しかし「回復」の職能を持ったバルバトスなら、あるいは!?, #g_tekketsu 今回登場したガンダムフレームの一機、ガンダムバエル。名前の由来はソロモン72柱のNo.1の悪魔、バエル。戦闘にも長けていて法の知識にも精通しており、一部の書物では『地獄の第1の王』とも呼ばれている、正に支配者に相応しい名のモビルスーツですね。 pic.twitter.com/Gheiuw5fE4, — 軍師澄田兼鈞(K∀NEHITΩ) (@kanehito2460) 2017年2月12日, ソロモン72柱でも序列1位を誇る「悪魔の王」バエル。「鉄血のオルフェンズ」のクライマックスでギャラルホルン掌握を目論むチョコおじさんことマクギリス・ファリドによって起動されましたね。他のセブンスターズの口ぶりを見るにバエルは封印されていた禁断の機体のようですが……。, 三日月のバルバトスの最終形態は「ガンダムバルバトス ルプス レクス」……。「レクス」=「王」という意味。これはつまり、ミカが世界の命運をかけてバエルとの死闘を演ずる可能性もあるということ!?オルガが目指す「火星の王」など、本作では「王」という言葉がある種の「ゴール地点」のような意味を持っているようですが……。, 普段、言葉が少ないからこそ、三日月の一言一言には視聴者をはっとさせるものが多いですよね。脚本の岡田麿里さん、土屋理敬さん、鴨志田一さんを始めとする脚本スタッフの実力ですね!テレビアニメではなかなか珍しいタイプのハードな主人公、三日月・オーガスという人物をここで少し振り返ってみましょう。, 彼の衝撃の一言。ガンダムの主人公とは思えない一言ですが、彼の価値観が垣間見える一言ですね…, 鉄血のオルフェンズには「まさに外道!」な大人がたくさん出てきます(クダル・カデルとかジャスレイとか!!)が、そんな奴らに文字通り鉄拳制裁を加える際、呟くように言うのがまたキマってますね……。, オルガに次の行動を煽る一言。次は何をすればいい?何人殺せばいい?彼の行動原理は「オルガについていく」とシンプルかつ強固。オルガ・イツカと三日月・オーガスの関係は一言では表現できない複雑なものです……。, このシンプルなセリフの中にもキャラ同士の濃密な関係を見せるのが「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の隠れた魅力です。, 三日月が一話においてクーデリアに言い放った突き刺さる一言。それはクーデリアの価値観を揺さぶるものでもありました。ここが彼女の成長の始まりの地点だったのかもしれませんね……。一話にして客観的に他人を評価できる「三日月・オーガス」という少年を確立させた名言です!, 出典:http://tonarino-kawauso.hatenablog.com, 戦闘シーンでの一言。「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」には数々の強敵が登場するので、さしもの三日月といえど苦戦はします。, かつて敵として対峙したタービンズのラフタや、直接戦ってはいませんが凄腕の傭兵ガラン・モッサ、ひたすらに強さを求めるジュリエッタをはじめ、鉄華団への怨嗟からモビルスーツと一体化してしまったアインなど……三日月に比肩する強敵が戦場にはひしめいています。, 三日月の仲間への想いの強さを感じる一言。まだこのとき彼はクーデリアの事を認めていなかったんですね。彼の純粋な、そして温かい人間性を感じさせる部分の一つです!, そんな三日月のことを鉄華団の年少組が「三日月さん」なんて呼ぶのもなんだか感慨深いですね……。, 立ちふさがる敵には容赦ないですが、アトラから貰ったブレスレットを大切にしていたりと三日月の穏やかな面を随所で見ることができます。, そんな暗い部分も明るい部分もある三日月。ではそんな三日月のイラストは…?かなりグッとくるものがあるはず…!, オルガとのツーショット。仲、絆の深さを感じます。これからガンダムはどうなっていくのか…とても期待です!, 幼少期のオルガと三日月。彼らは幼いころから通じ合っているのでしょうね…。彼らの戦いはこのころから始まっています。, ミカとオルガのツーショット。やっぱり彼らのツーショットイラストは多いみたいです…。, https://www.youtube.com/watch?v=ExkRgnVtIcw

なつ ぞ ら 優 何 年 生まれ, 恐怖 映画 Jホラー, 米津玄師 声 魅力, そうじゃない 歌詞 鈴木, サザン 結婚式 余興, ケニア マラソン選手 食事, 大阪から名古屋 バス 朝, 船橋駅 時刻表 東西線, Jr 特急列車 一覧, エール 廿日市 秘書, Executive Committee Definition, プロスピ テクニカル杯 ボーダー, メアリー世良 登場回 アニメ, クレジットカード 限度額 20万, バラ 値段 20本, モナコイン 半減期 カウントダウン, 有川浩 阪急電車 舞台, 新快速 時刻表 京都, Executive Committee Definition, ジルスチュアート リュック 人気, エネオス 楽天カード 使えない, 阪急梅田 から大阪駅 地下, 新快速 時刻表 京都, 新小岩 駅 ファミレス,