1954  J.M.ファンジオ 2014  L.ハミルトン 2011  S.ベッテル 1956  J.M.ファンジオ Nate Saunders believes both Racing Point drivers should have won the Turkish Grand Prix. Stay on current site or go to US version. 2001  M.シューマッハ 1955  J.M.ファンジオ http://blog.livedoor.jp/markzu/archives/51588053.html, ラルフ・シューマッハー「ウィリアムズ再建の鍵は設立者ファミリーが完全に身を引くこと」, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ラルフ・シューマッハ&oldid=79851748, ヘルメットのカラーリングはジュニア時代から兄ミハエルと同じデザインのものを踏襲しており、兄との相違点としてネオンイエローをベースカラーとすることで独自性を出している。, ミハエルとは不仲であると言われている(F1時代の誕生日ウィークのグランプリでは恒例としてバースデーパーティがパドック内で行われていたが、その際にはメディア向けにお互い所属チームが違っていても「兄弟」として出向いていた)。ドイツの新聞紙「. 1960年代の名レーサーだったグラハム・ヒル(F1タイトル2回)の息子。 自身もF1界で活躍し、1996年には「ウィリアムズF1」チームにてドライバーズ・タイト … You have reached ESPN's UK edition. 1958  M.ホーソーン 1994  M.シューマッハ 2012  S.ベッテル 2019  L.ハミルトン, MSC (1997-2006), SCH (1991-1996, 2010-2012), 本人がF1デビュー当時に「マイケルと呼んでほしい」と言ったので、取材メディアではその呼称が定着している, この騒動を受け、FIAは契約承認委員会 (Contracts Recognition Board,CRB) を設立することになる。, ただしシューマッハの通算個人記録および「コンストラクターズ」部門に関しては不問とされた。, ルールの隙をついた第9戦イギリスGPや、第7戦カナダGPと第12戦ハンガリーGPでの卓越したピットストップ作戦がある。, 「PADDOCK NEWS」『F1グランプリ特集』9月号、ソニー・マガジンズ、1994年、29頁。, 「シューマッハ クラッシュの真実」『F1速報 オーストリアGP号』 ニューズ出版、1997年、p30。, 『Sports Graphic Number PLUS F1 未知への疾走』 文藝春秋、March2000、136-139頁。, 『F1 RACING 日本語版』2011年10月情報号、三栄書房、2011年、47頁, F1 RACING 2008 6月号 歴代ドライバー100傑の2位ミハエル・シューマッハのキャリアハイライトより, 『GPX』 Round 4 SAN MARINO GP、山海堂、2001年、18頁。, http://f1express.cnc.ne.jp/column/index.php?cat_id=50&teiko_id=38534&bunrui_id=47&archive_flg=&now_page=8, https://www.as-web.jp/past/f1%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC%E3%81%AE%E5%B9%B4%E5%8F%8E%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AF%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%8F%E3%83%BC?all, http://iw1.nikkansports.com/sports/motor/news/f-sp-tp2-20091223-578735.html, ロリー・バーンが語る“生涯忘れられないマシン”。カリスマを開眼させたベネトンB194, A return to racing – Spanish Grand Prix 1994, http://news.bbc.co.uk/sport1/low/motorsport/formula_one/5024532.stm, “Throwback: The 1995 Formula One season in photos”, https://www.foxsports.com/motor/gallery/the-1995-f1-season-images-030515, Spanish Grand Prix: Why Michael Schumacher's epic 1996 win matters, http://atlasf1.autosport.com/99/bra/preview/kalb.html, http://f1.gpupdate.net/ja/formula-1-news/225320/, http://www.topnews.jp/2009/12/23/news/f1/drivers/michael-schumacher/7404.html, http://www.topnews.jp/2010/09/30/news/f1/drivers/michael-schumacher/24214.html, http://as-web.jp/news/info_smart.php?c_id=1&no=40917, Hungarian F1 GP: Michael Schumacher's Antics Add Colour to Otherwise Dull Race, Singapore GP: Michael Schumacher gets 10-place penalty, Michael Schumacher's Skiing Accident in Méribel – Locations, “Helmet helped protect Michael Schumacher in skiing accident”, http://www.autosport.com/news/report.php/id/111982, “What we know about Michael Schumacher after horror ski accident”, https://www.mirror.co.uk/sport/formula-1/michael-schumacher-ski-accident-10360005, “Michael Schumacher 'still in wake-up phase'”, http://edition.cnn.com/2014/03/07/sport/michael-schumacher-massa-f1-motorsport/, “Doctors say Michael Schumacher's condition 'extremely serious'”, http://www.autosport.com/news/report.php/id/111981, “Schumacher entre les mains des neurologues du CHUV”, http://www.24heures.ch/vaud-regions/lausanne-region/Schumacher-entre-les-mains-des-neurologues-du-CHUV/story/16481300, Michael Schumacher leaves hospital for recovery at home, Michael Schumacher: 'paralysed and in a wheelchair', Michael Schumacher Latest Health Update: F1 Racing Superstar Improving 17 Months After Ski Accident, Lawyer refutes report, says Michael Schumacher 'cannot walk' or stand, Michael Schumacher 'cannot walk', German court hears, Michael Schumacher 'making progress' in recovery from severe head injuries, Hero or villain? 2002  M.シューマッハ Ten years ago, Lewis Hamilton became F1's youngest world champion after Felipe Massa. 1975  N.ラウダ ラルフ・シューマッハ(Ralf Schumacher, 1975年6月30日 - )は、ドイツ出身の自動車レーサー。元F1ドライバー。F1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハの実弟。, フォーミュラ・ニッポンの初代チャンピオンを獲得し、F1チーム「ジョーダン」「ウィリアムズ」「トヨタF1」などで活躍した。, 兄ミハエルと同じくカートレース、フォーミュラ・フォードなどを経て、1994年にドイツF3初参戦、シリーズ3位に食い込み注目される。翌1995年もドイツF3に参戦し、ノルベルト・フォンタナとチャンピオン争いを繰り広げるが、惜しくもシリーズ2位でこの年のシーズンを終えた。同年11月のマカオGPでは総合優勝を果たし、マカオGP史上初となる兄弟で優勝の記録を達成する(ミハエルは1990年に優勝)。, 全日本F3000への参戦歴を持つミハエルからの勧めもあり、ラルフは舞台を日本に移し、チーム・ルマンよりフォーミュラ・ニッポンに参戦したほか、全日本GT選手権(JGTC)にもチーム・ラーク・マクラーレン(後のチーム郷)のマクラーレンF1 GTRで参戦した(この年はJGTC、Fニッポン共にパートナーは服部尚貴)。Fニッポンでは3勝を挙げ初代チャンピオンを獲得し、JGTCでもシリーズ2位と活躍した。日本でのレース活動となった同年はヘルメットをそれまで着用していた「BELL」社製ではなく、メンテナンス上の兼ね合いから日本の「アライ」製ヘルメットを使用した。また、同年8月6日にマクラーレンからF1テストドライブのオファーを受け、MP4/11をシルバーストーン・サーキットでドライブ[2]、F1マシンを経験した[3]。これはマクラーレンのボスであるロン・デニスが翌1997年にテストドライバーとして採用しようと目論んでのテスト招聘だったが、F1実戦へのデビューを望んでいたラルフ側がテストドライバー就任に難色を示したため実現しなかった[4]。, これもまたミハエルと同じく、ジョーダンからF1デビューを果たす。第3戦アルゼンチンGPで3位フィニッシュし、F1参戦からわずか3戦目で表彰台に上ったが、先行していたチームメイトのジャンカルロ・フィジケラと絡みリタイアに追いやってしまった。速さを見せつけたその一方で荒っぽいドライブも目立ち、17戦中10戦でリタイアを喫したが、13ポイントを挙げ、シリーズ11位でデビューシーズンを終えた。, 速さを見せる一方で、荒さは相変わらずであったが濡れた路面に対しての高い対応力を見せた。第13戦ベルギーGPでは、スパ・フランコルシャン特有の雨により荒れたレース展開となる中2位でフィニッシュした。チームメイトのデイモン・ヒルがジョーダンチームにF1初優勝をもたらした記念すべきレースに、1-2フィニッシュという形で華を添えた。続く第14戦イタリアGPでも連続表彰台となる3位を獲得した。このレース後に、1999年からウィリアムズと2年契約を結んだことを発表した。最終的に14ポイントを挙げ、シリーズ10位でシーズンを終えた。, 名門ウィリアムズに移籍。チームメイトは、前年まで2年連続のCARTチャンピオンだったアレックス・ザナルディだった。この年のウィリアムズは戦闘力に欠け、ザナルディは期待に応えられず0ポイントでシーズンを終えた一方、シューマッハは3度表彰台に上り、第13戦イタリアGPでは自身初となるファステストラップも記録した。波乱の多いレースとなったヨーロッパGPでは非力なスーパーテックエンジン搭載車であったが、マクラーレン・メルセデスを抜くなど一時はトップを走る奮闘を見せた(その後の右リアタイヤのパンクにより4位入賞)。結局この年のシューマッハは35ポイントを挙げ、シリーズ6位だった。, ウィリアムズはBMWエンジンを獲得。ジェンソン・バトンをチームメイトに迎えた。開幕戦オーストラリアGPでで3位表彰台と上々の滑り出しをみせるが、結局未勝利に終わった。第3戦サンマリノGPでは燃料システムのトラブルに見舞われ、第6戦ヨーロッパGPではエディ・アーバイン、ヨス・フェルスタッペンと接触しリタイアした。特に第7戦モナコGPではクラッシュによりふくらはぎに裂傷を負った。さらに第8戦カナダGPではジャック・ヴィルヌーブに衝突されるなど、マシントラブルとアクシデントにより7回のリタイアを喫した。24ポイントの獲得にとどまるも、前年より一つ上のシリーズ5位となった。, CART史上最年少チャンピオンであるファン・パブロ・モントーヤをチームメイトに迎える。第4戦サンマリノGPでは、予選3位からスタートして参戦5年目でF1初勝利を挙げた。母国ドイツGPでも勝利し、この年は最終的に3勝を挙げ49ポイントを獲得し、前年を上回るランキング4位でシーズンを終えた。, 開幕からフェラーリが圧倒的な戦力を見せつけシーズンを席巻。ウィリアムズ勢は大苦戦の一年となった。序盤の第2戦マレーシアGPで同年チーム唯一となる勝利を挙げたが、50ポイントを獲得したチームメイトのモントーヤに獲得ポイントで上回られ、獲得したポイントは42ポイント、ランキング4位でシーズンを終えた。, 2勝を挙げ、チームもコンストラクターズタイトルに手が届きそうであったが、僅差でフェラーリに敗れた。自身は自己最多の58ポイントを獲得したもののランキングでは5位に終わった。モントーヤは9度の表彰台で82ポイントと、チームメイトに対し大きく遅れをとった。このウィリアムズ在籍時代には、幾度かの優勝争いにこそ絡むも、チャンピオン争いをするには一歩足りない状況が続いた。またチームメイトのモントーヤを過剰に意識するあまり、レース中に同士討ちすることがあった。, 同年のウィリアムズは、フェラーリだけでなくB・A・Rやルノー勢に対しても苦戦を強いられた。第8戦カナダGPではポールポジションを獲得し、2位フィニッシュしたが、マシンのブレーキダクトの規定違反により失格となった。シューマッハは第9戦アメリカGP決勝で、高速の最終コーナーでクラッシュし背骨を負傷、6戦欠場を余儀なくされ、結局未勝利に終わった。またシーズン中に、翌シーズンからのトヨタ移籍が発表され、6年間在籍したウィリアムズからの離脱が決まった。また、同年の日本グランプリ・鈴鹿では兄・ミハエルが優勝で、弟・ラルフは2位となり、結果的に最後となるシューマッハー兄弟での1-2フィニッシュとなった。, 第2戦マレーシアGPで5位フィニッシュし、トヨタ移籍後の初入賞を果たした。第9戦アメリカGPでは、フリー走行2回目でミシュランタイヤの問題から前年と同じ最終コーナーでスピンを喫し、予選と決勝を欠場した。しかしこの年はコンスタントに入賞を記録し、ついにハンガリーGPで移籍後初となる3位表彰台を獲得した。また日本GPでポールポジション、中国GPで3位表彰台を獲得するなど終盤戦でも活躍した。計14戦で計45ポイントを獲得し、43ポイントを獲得したチームメイトのヤルノ・トゥルーリをドライバーズランキングで上回った。, トヨタは前年までのミシュランタイヤからブリヂストンタイヤに変更し、序盤は対応に苦労した。第3戦オーストラリアGPではミハエルのクラッシュ、後続から迫っていたモントーヤのトラブルにも助けられ、チームにとっても自身にとってもシーズン唯一の3位表彰台を獲得した。中盤~終盤にかけて、マシンパフォーマンスは向上するが信頼性が伴わず、シーズン全体では18戦中7度のリタイアを喫した。この年は20ポイントを獲得しランキング10位となった。前年に続いてチームメイトのトゥルーリを年間獲得ポイントで上回った。, マクラーレンとフェラーリが他チームを圧倒し、その後にBMWザウバーがつけるという構図がシーズンを通して一貫していた。その中でトヨタは、入賞枠をルノー、ウィリアムズ、レッドブルらと奪い合う年となった。チームメイトのトゥルーリは、予選では常にその集団から抜けだしQ3に進出する一方で、シューマッハはシーズンを通して予選で中団から後方に沈むことが多かった。ハンガリーGPではこの年最高の6位入賞を果たし復調の兆しを見せたが、結局入賞はこれを含めて3回のみに留まり、日本GP終了後の10月1日、2007年シーズン限りでのトヨタチーム離脱を発表した。「今が新しい挑戦を探すべきときだと思った」と言い残し、3年間在籍したトヨタを離れF1での現役続行を公言していたが、他のF1チームからの具体的なオファーは無く、この年をもってF1から事実上の引退となった。, 同年12月6日ヘレスにて、スパイカーF1を買収したばかりのF1新規参戦チームであるフォース・インディアの2回目となるF1テスト走行に協力し[5]「スパイカー・F8-VII」を走らせたが、シューマッハは「このテストドライブは友人であるビジェイ・マリヤに頼まれていたからであって、私はフォース・インディアでレースをする気はない」としている[6]。また、2006年から契約をしていたマネージャーのハンス・マールとも袂を分かち、兄ミハエルからも引退を勧められたと言われている。2008年からのDTMへの参戦が有力視され報道された際にはDTMへの参戦歴のあるミハエルから「自分たち兄弟は、DTMマシンを速く乗ることは難しい」とアドバイスされたという。, なお、トヨタの後任はドイツ人のティモ・グロックとなり、ウィリアムズでの後任はドイツ人のニック・ハイドフェルド、ジョーダンでの後任がドイツ人のハインツ=ハラルド・フレンツェンの起用となっており、ラルフの後任は同胞ドイツドライバーの起用が多かった。, メルセデスチームで“MercedesBenz AMG-Cクラス”を駆りDTMシリーズに参戦。母国ドイツを基盤とするレース活動はF3時代以来13年ぶりとなった。第7戦ニュルブルクリンクのレースで8位入賞し、初ポイントを獲得。第9戦のカタルーニャでも7位入賞し2ポイント獲得したもののDTM参戦初年は計3ポイント、シリーズ14位に留まり厳しいデビューイヤーとなった。, 苦戦した2008年で引退するのではないか、という噂も出ていたが、2009年はAMGメルセデスCクラスの最新型マシンでの継続参戦が決まり、シューマッハは「前年は1年落ちのマシンだったが、今年最新のメルセデスCクラスに変わることは非常に大きなチャンス。2008年が学習の年であることはチームにも明らかなことだった。だから昨年の成績には満足している。メルセデスが最新型マシンを与えてくれたことへの信用に応えたいと思っている。DTMシリーズが世界最高のツーリングカーシリーズであり、ドライバーは1メートルとコンマ1秒のために激しく戦っている。私がパドックで多くの観客と接することでも分かるように、ファンも私と同じようにこのDTMシリーズが好きだ。観客達はDTM以外のどんなレースでもこれ以上のバリュー・フォー・マネーは得ることはできないだろう」と話し、DTMとその環境に好感を抱いたとコメントしている。, 2010年はHWAチームから参戦し、3ポイント獲得に終わったものの第5戦ノリスリンクではポールポジションを獲得。スタートでストールしてしまったが、ファステストラップを記録するなど随所で速さを見せた。, F1デビュー当初から完走すれば入賞できる上位に位置することが多かったが、上位走行中のリタイアも多い。トヨタへの移籍後にはウィリアムズ所属期後半にしばしば見られたような、単純なミスは少なくなった。, F1で6回の優勝と、6回のPPを獲得しており、参戦当時のF1を代表するドライバーの一人であった。, 記者マイク・ローレンスは、2005年インディアナポリスの金曜フリー走行でのクラッシュがなければ、もっと成功を収められただろうという趣旨の分析をしている[7]。, 83 アイルトン・セナ / 84 ジョン・ニールセン / 85 マウリシオ・グージェルミン / 86 アンディ・ウォレス / 87 マーティン・ドネリー / 88 エンリコ・ベルタッジア / 89 デビッド・ブラバム, 90 ミハエル・シューマッハ / 91 デビッド・クルサード / 92 リカルド・リデル / 93 ヨルグ・ミューラー / 94 サッシャ・マーセン / 95 ラルフ・シューマッハ / 96 ラルフ・ファーマン / 97 ソエイル・アヤリ / 98 ピーター・ダンブレック / 99 ダレン・マニング, 00 アンドレ・クート / 01 佐藤琢磨 / 02 トリスタン・ゴメンディ / 03 ニコラ・ラピエール / 04 アレクサンドル・プレマ / 05 ルーカス・ディ・グラッシ / 06 マイク・コンウェイ / 07 オリバー・ジャービス / 08 国本京佑 / 09 エドアルド・モルタラ, 10 エドアルド・モルタラ / 11 ダニエル・ジュンカデラ / 12 アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ / 13 アレックス・リン / 14 フェリックス・ローゼンクヴィスト / 15 フェリックス・ローゼンクヴィスト / 16 アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ / 17 ダニエル・ティクトゥム / 18 ダニエル・ティクトゥム / 19 リチャード・フェルシュホー, 73 黒澤元治 / 74 高原敬武 / 75 星野一義 / 76 高原敬武 / 77 星野一義, 80 長谷見昌弘 / 81 中嶋悟 / 82 中嶋悟 / 83 ジェフ・リース / 84 中嶋悟 / 85 中嶋悟 / 86 中嶋悟, 90 星野一義 / 91 片山右京 / 92 マウロ・マルティニ / 93 星野一義 / 94 マルコ・アピチェラ / 95 鈴木利男, 96 ラルフ・シューマッハ / 97 ペドロ・デ・ラ・ロサ / 98 本山哲 / 99 トム・コロネル, 00 高木虎之介 / 01 本山哲 / 02 ラルフ・ファーマン / 03 本山哲 / 04 リチャード・ライアン / 05 本山哲 / 06 ブノワ・トレルイエ / 07 松田次生 / 08 松田次生 / 09 ロイック・デュバル, 10 ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ / 11 アンドレ・ロッテラー / 12 中嶋一貴, 13 山本尚貴 / 14 中嶋一貴 / 15 石浦宏明 / 16 国本雄資 / 17 石浦宏明 / 18 山本尚貴 / 19 ニック・キャシディ, 『F1速報特別編集 ミハエル・シューマッハ全記録 1984 - 2006』、イデア、2007年、p131, Ralf Schumacher Mercedes Photos, Silverstone (1996).

ポケモン レート 急に勝て なくなる 6, 踏み台昇降 台 ドンキホーテ 16, Itunes 曲 消える 一部 20, Bts妄想 Twishort R18 35, U15 女子サッカー 2020 5, 関 ジャニ 人気低迷 10, マイケルジャクソン 日本 買い物 5, Box アカウント 使いまわし 5, アイアンマン スーツ 着れる 5, ぐらんぶる 44話 Raw 27, うちの執事が言うことには 二巻 ネタバレ 7, 夜に駆ける イラスト 誰 42, メンタ リスト Daigo 目の手術 17, キンブレ 黒 作り方 27, Stu48 大好き な人 Mp3 9, マッドマックス 怒りのデス ロード あらすじ 12, 射撃 コート カパピー 13, 三菱重工 福利厚生 社宅 6, 不機嫌なモノノケ庵 立法 本当の姿 43, スターマン この星の恋 再放送 4, 吉田 沙 保 里 あだ名 海外 5, くまのチビちゃん リメイク あつ森 9, ぼ ぶ くんbgm 名前 35, 浜崎あゆみ 生放送 M ステ 34, もちろん 漢字 ひらがな 15, ビデオリサーチ モニター 口コミ 8, Isms テレワーク 規定 10, Nec ネッツ エスアイ 難易度 15, 化石の 掘り 方 34, タロットカード Yes/no スプレッド 4, ウマヅラ ビデオ 都市伝説 アニメ 4, バイリンガール 登録者数 炎上 20, インフルエンサー フォロワー数 目安 16,